寝つきが違う!気持ちを静めて眠りを誘うアロマテラピー快眠法

「心配事や悩み事があってなかなか眠れない」「ベッドに入ってもリラックスできない」という人は、アロマテラビーを試してみてはいかがでしょうか?

眠れないのは、ストレスや感情の高ぶりなどで自律神経のバランスが乱れ、睡眠モードに切り替わらないことが原因です。アロマはリラックスに効果的だといわれています。

アロマテラビーとは、天然の植物から抽出したエッセンシャルオイルを使った、自然療法のこと。森林浴なども、植物の香りを利用しているという意味で、アロマテラピーの一種だといえます。

確かに自然植物の香りが部屋に漂っていれば、気分は良くなるかもしれませんが、アロマが睡眠にどのような効果をもたらすのでしょうか?

アロマの芳香成分が鼻から入ると、脳の大脳辺縁系というところに届きます。大脳辺縁系は、記憶と感情をコントロールしており、記憶をつかさどる「海馬」もここにあります。

大脳辺縁系は哺乳類全てが持っているもので、他の生物にはありません。金魚は何を考えているのか分からないけれど、犬や猫の気持ちがわかるような気がするのはこのためです。

またここは、睡眠の重要なカギを握る自律神経や内分泌物の調整も行っています。生物の五感の中で、臭覚だけが大脳辺縁系に直接働きかけることができるといわれていますので、アロマによる鎮静効果で心身のバランスが整ってきます。

安眠のためのアロマとして有名なのはラベンダーですが、青リンゴの香りのカモミール、甘いバラの香りのゼラニウムなどは、不安をやわらげ、感情の起伏を抑えてくれる効果があります。

また、オレンジやクラリセージは、緊張感を解きほぐし、心を落ち着かせる精神安定作用があり、サンダルウッド(白檀)やネロリ、マジョラムは、ストレスを減らしリラックスさせてくれるアロマです。

アロマにはたくさんの種類がありますが、眠りのためのアロマには、気持ちを穏やかにしたり、鎮静効果のある成分が含まれているものが多いです。しかし効果も大切ですが、自分が一番リラックスできる香りを選ぶことが大切です。

「猫にマタタビ」という言葉がありますが、マタタビってどういうものか知っていますか?
山に自生するマタタビ科のつる植物で、芽や実は食用にし、漢方薬としても使用されています。枝や粉状にしたものを、猫用にペットショップなどで販売しています。

マタタビは猫にとって媚薬ですが、自然植物を使っているので、一種のアロマともいえます。私たち人間には何の香りも感じられませんが、猫はこの香りで興奮します。しかし全ての猫がこの香りを好きなわけではないようです。人間も猫も個性や記憶、心の状態でそれぞれ好みが違ってきます。

アロマバスは、入浴とアロマのダブル効果で、リラックスに最適です。バスタブに、お気に入りのエッセンシャルオイルを数滴落として全身浴に使ったり、半身浴、手や足などの部分浴をするだけでも、お湯の温度でアロマが香り立ち、心地よいリラックス効果が期待できます。

アロマポット、アロマライトなどの器具を使った芳香浴も効果的です。部屋全体が優しい自然性分の香りに包まれて、ゆったりした気分になります。枕やシーツ、カーテンなどにスプレーして楽しむピローミストもおすすめです。

お気に入りのアロマを使うことで気持ちが鎮まり、副交感神経が優位になります。睡眠導入に効果がありますので、是非試してみてください。

再発見!パジャマは睡眠導入に欠かせない必須アイテム

あなたは眠る時、パジャマを着ていますか?それとも部屋着?それとも…?日本は住居が狭いため、リビング兼寝室ということが少なくありません。部屋着でリラックスしてそのままベッドへ直行という人も多いのではないでしょうか?

しかし、その習慣は睡眠の質を下げているかもしれません。そもそも眠るためにつくられたパジャマは、ウエストのゴムもゆるく、全体にゆとりのあるサイズになっています。体を締め付けず、睡眠中に自然な体勢で寝返りが打てるように作られているのです。

生地は、布団を被るので薄めに作られています。夏は熱を逃がし、冬は寒さから体を守る肌触りの良い素材が多く、寝ている間に着くずれない形になっています。快適な温度、体勢、肌触りで睡眠を妨げることがないので、夜中に目覚めることなく快眠できます。

また、寝具を清潔に保つ役割も持っています。Tシャツやタンクトップ、短パンなど肌の露出が多いものを着て寝ていると、汗が直接寝具に染み込んだり、皮膚の角質が落ちて、カビの原因になったり、ダニが繁殖する危険もあるのです。

このように、快眠に欠かせない機能をもったパジャマは近年見直されはじめ、専門家たちもパジャマを着て眠ることを推奨しています。

ところで、あなたはブラジャーを付けて眠っていますか?「バストの形が崩れそうで心配だけど、締め付けられるような感じがして寝苦しいからしない」という人が多いのではないでしょうか?

ほとんどの女性が、睡眠中にブラジャーを付けることに抵抗を感じています。でも、下着をつけないで眠ると寝返りなどで、バストを支えるクーパー靭帯という繊維の束が傷つき、垂れてしまったり、バストの脂肪が背中や脇に流れてしまう可能性があります。

かといって、通常のワイヤー入りブラジャーを付けて眠ると、体を圧迫して血流がわるくなる場合があります。人は眠っている間に20~30回も寝返りうっているので、スムーズに寝返りできないと、睡眠の妨げになってしまいます。

そこで、最近では夜専用のブラジャーが注目されています。締め付けが柔らかく、気持ち良いホールド感で、バストの形を綺麗にキープしてくれますので、心地よく眠れます。

このような夜専用のアイテムを身につけることは、睡眠導入に大きな効果があるだけでなく、眠る時間と起きている時間のメリハリがつき、睡眠の質も高めてくれます。

テレビを見ていて知らない間に眠ってしまい、テレビも照明もつけっ放しだったという経験をした人は多いと思いますが、テレビは大音量の砂の嵐、照明はピッカピカでは、良質な睡眠がとれたとはとても思えません。

トイレに行って、歯を磨き、パジャマや夜用の下着に着替えることによって、「さあ、寝よう」という睡眠モードにスイッチが入ります。こうした儀式をすることで、心身ともに眠る準備ができるのです。

ぐっすり眠るために、季節や気分に合わせたお気に入りのパジャマや下着を用意して、「睡眠モード」に切り替える習慣を身につけましょう。

冬はあったか!夏はひんやり!寝具の工夫で快適なおやすみタイム

快眠したいと思っても「夏は蒸し暑くて寝苦しいし、冬は寒くて寝付けない」という人が多いのではありませんか?日本に四季があることは、とても素晴らしいことですが、夏冬の睡眠にはちょっと苦労しますよね。

寝室の温度・湿度環境も重要ですが、今回は寝具のちょっとした工夫で、おやすみタイムを快適に過ごす方法をいくつかご紹介します。

なんだか長くなったように感じる日本の夏。熱帯夜が続くと睡眠不足になってしまうことも多いですよね。日本の夏は異常に暑いと海外の人にも指摘されていますが、不快感の原因の多くは湿度にあるようです。実際、眠っている時の背中の湿度は80%にもなるといわれています。

ここ数年、冷感寝具が人気ですが、使ってみたことはありますか?確かに触るとひんやりして気持ちいいし、敷きバッドや枕タイプなど種類も豊富で、寝付きを良くするのに効果があります。でも、ひんやり感が長続きせず、結局夜中に起きてしまうことも多いようです。

ジェルを化学繊維で包んだ構造になっている冷感寝具は、眠っている間に、汗ばんだり、蒸れたりするので、湿度が高くなってしまうのです。夏の寝具には、吸湿性と通気性に優れた天然素材を選ぶことが一番大切です。

そこでおすすめしたいのが麻です。麻は綿の4倍の通気性があるといわれています。子どものころ、夏休みにおじいちゃんやおばあちゃんの田舎に行くと、ざらざらした感触のカバーが掛けられた座布団を出されたり、同じ感触の薄い布団で寝ませんでしたか?

エアコンも何もない時代から、日本人はこの暑い夏と上手に付き合ってきました。昔からあるこの麻の肌掛け布団は、詰め物にも麻が使われていて、とても通気性が良く軽いので、寝苦しい夏にピッタリです。タオルケットや綿毛布などは、体にまとわりついて暑苦しいし、寝返りの妨げにもなってしまいます。

夏の快眠のためには、頭や首を冷やすことも有効的です。頭は眠っている間、発熱量や発汗量が多い部位なので、氷枕や保冷剤などで熱をとると、寝付きやすくなります。首元や後頭部は多くの神経が集中していますので、急速に冷やすと危険です。タオルや手ぬぐいなどを巻いて使いましょう。

冬は日照時間が短いためセロトニンが減少し、乾燥した冷たい空気のせいで、ウイルスも活発に活動します。うっかりするとインフルエンザや風邪にかかってしまうので、夏以上に寝具を工夫して、暖かく睡眠をとりたいものです。

最近はほとんどの人が、羽毛布団を使用していると思いますが、特に寒い夜は毛布も必要ですよね。あなたは毛布を羽毛布団の上に掛けていますか?それとも毛布の上に羽毛布団を掛けていますか?暖かく眠るためには羽毛布団の上に毛布が正解です。

羽毛布団は体に直接かけることが大切です。羽毛布団に詰められている羽毛は、ガチョウやカモなど水鳥の胸に生える、最も柔らかいわた羽です。

羽毛は体温を感じると膨らみ、保温性がアップしますので、羽毛布団と体の間に毛布があると、この効果がなくなってしまいます。また、眠っている間に大きく寝返りをうつと、体にまとわりつく毛布は残りますが、羽毛布団が滑り落ちてしまうこともあります。

もっと寒くなったら、毛布を下に敷くことをおすすめします。寝床の中の熱は、ほとんど敷布団から逃げていきます。毛布を敷くことで熱が逃げるのを防ぐことができます。毛布が1枚なら、ベッドパッドをダウンやウール素材のものに変えましょう。

羽毛布団の羽をほぐして空気を入れ替えたり、布団乾燥機を使って暖めれば、気持ち良く乾燥したフカフカな布団で、もっと暖かく快適に眠れます。

知らないとまずい!質の高い睡眠を得るための寝具の条件とは?

近年、寝具メーカーのCMでアスリートたちをよく見かけます。試合で腰痛になったり、ケガをする場合も多く、体調管理に人一倍気を配るアスリートにとって、睡眠で素早く疲労回復することが、いかに大切なのかがわかります。

寝具選びは、快眠のための重要なポイントです。合わない寝具で眠っていると、肩コリや腰痛の原因になることもあります。腰痛は二足歩行をしている人類にとって避けて通れないものですが、80%の人は生涯に一度は腰痛に悩まされるといわれています。

疲労を回復するために睡眠をとっているのに、不調になってしまっては意味がありませんし、睡眠の質も低下してしまう可能性もあります。体に負担をかけない姿勢を保つことができる、正しい寝具の選び方を知ることはとても大切です。

前回ご紹介しましたが、私たち人間の背骨には2カ所のS字カーブがあります。立ったり、歩いたりする時は、このS字が機能を大いに発揮しますが、平らな場所に横になる時は邪魔になります。首や腰に負担がかかり、不自然な姿勢になることが多いのです。

敷布団やベッドはこのS字を上手く包み込んで、一カ所に体重がかかったり、圧迫したりすることを防ぐ役割を果たしています。寝具の選び方で一番大切なのは、掛け布団やベッドの硬さが自分に合うかどうかです。

様々な機能を持った商品が次々と開発・販売されていますが、自分にとって自然で無理のない姿勢を保てることが選び方の基準になります。柔らかすぎると腰が沈み込んで、腰痛の原因になりますので、比較的硬めが良いとされています。硬さの他に気をつけたいのが吸湿性と通気性です。

掛け布団と敷布団でつくられた空間のことを寝床内気候といいますが、この環境が温度33度、湿度50%に保たれていると快眠できるとされています。少し暑いように感じますが、睡眠中は汗をたくさんかくことで体温が下げる必要がありますので、この程度の温度が必要です。

大量にかいた汗は、およそ70%が敷布団に、30%が掛け布団に吸収されます。通気性が悪い敷布団は、長時間使用すると蒸れて寝苦しくなり、何度も寝返りをうってしまいます。肩コリや肌荒れの原因になる場合もありますので、通気性の良い天然素材のものを選ぶことが大切です。

掛け布団には、吸湿性や通気性に加えて保温性が重要です。睡眠中は体から熱が奪われやすいため、寝返りをうっても暖かく包んでくれる、軽くてフィット感があるものがおすすめです。羽毛布団、真綿布団は特に、保温性や通気性に優れています。

心地よく眠るためには、寝具のケアも大切です。吸湿性を高めたり、寝具を清潔に保つために、布団カバーや枕カバーを必ずつけるように心がけましょう。デザインだけにとらわれず、素材の良いものを選んでこまめにとり替えることが大切です。

布団を干すのは、住宅環境で難しい人もいると思います。マットレスを部屋の中に立て、窓を開けて風に当てるだけでも十分効果はあります。寝心地が全然違うので、是非試してみてください。

★★★
高級布団を購入して、次の給料日まで生活が厳しい…そんな時にカードローンが役に立ちます!安全な大手でお金を借りれば安心!毎日快眠です!
参考サイト・・・・カードローンはモビットがおすすめ!

1 2 3 4 5